ネイリストは異業種からの転職がとても多い業種です。
ネイリストを目指す方の前職は、もともと同じ接客業だったアパレル店員やレストランのウエイトレス、同じ美容業界で仕事をするエステティシャン、化粧品販売員、美容師などさまざま。

ところがなかには、美容業界や接客業とは関係ない一般企業で働くOLや、小さなお子さんを抱えて育児や家事に打ち込む主婦がネイリストを目指す事例も。
ネイリストは何歳になってもできる仕事なので「ネイリストになりたい、ネイル業界で仕事がしたい」と思った時が最適なスタート時期です。

このページではOLがネイリストに転職するケースをご紹介しています。
現在OLの仕事をしながらネイリストになりたい方、要チェックですよ。

OLがネイリストになるために

仕事のストレス解消と爪のケアのためにネイルサロンに行ってみたら、丁寧なハンドケアやネイルケア、そしてネイリストの楽しいトークですっかり癒され、お店のファンになってしまう方も少なくありません。
ネイルサロンの熱心な常連がいつしかネイリストになる、というのも珍しい事例ではないのです。

またもともとネイルケアやネイルアートに興味のあるOLは、職場でOKなネイルを研究し指先のお洒落を楽しんでいるケースも多々あります。
そんなOLにとっての趣味がいつしか趣味の範囲を超え、プロのネイリストを志す事も。

OL業をこなしながら、フリータイム制のスクールや通信教育でネイルの技術や知識を磨き、ネイリスト技能検定試験やジェルネイル技能検定試験の試験を受けてその技術を認定してもらえば、いつでもネイリストとして仕事ができます。

スクールの受講料やネイルツール購入にかかる費用が思った以上にかさむこともありますので、確実な収入源を確保したうえで経済的に安定した状態で勉強するのがおすすめです。
プロのネイリストとして収入が得られないのにOLを辞めてしまうと、経済的に困窮することになるかもしれません。
ネイリストとして仕事ができる環境をしっかり作った上で、まずは副業としてネイルの仕事をするのがおすすめです。

副業OKのOLなら短時間働いてみる

勤務している企業や事業所によっては、副業が禁止されているケースもあります。
もし副業が禁止されていないのであれば、週末だけ短時間でネイリストとして仕事をしてみるのが良いですね。
実際に仕事をしてみて半年、1年と業務が続き、さらに固定客(ネイリストのファン)が増え、お店側から「仕事を辞めないで」と慰留されるようならネイリストとしてやっていける可能性大です。
いきなりOL業を辞めてネイリストとしてデビューするのではなく、OL業とネイリストを兼業しながら様子を見るのがネイリストへ転職成功への鍵です。