ネイリストへ転職する人たちは、美容師やOLだけではありません。
エステティシャンや化粧品販売員もネイリストに転職、または兼業するケースがあります。
これら職業はネイリスト同様、女性の美と親和性の高い職業です。
ネイリストへの転職事情をまとめていますので、参考にしてくださいね。

エステティシャンがネイリストに転職、兼業する場合

エステティシャンは顧客の全身美容を提供する職業です。
とくに大きな駅前通りには大手エステチェーン店が複数店しめいていますし、美容に興味があれば一度はエステサロンに通った経験があるのではないでしょうか?

主なメニューは美顔・痩身・脱毛・フットケア・リラクゼーションを目的としたマッサージ・アロマヒーリングなど。
店舗によっては酸素カプセルなどを設置しており、スポーツ関連の方が好んで利用している店舗もあります。

エステに通う主な目的は美顔のため、脱毛のため、リラクゼーションのためと様々ですが「施術で美しくなりたい」顧客のために、ネイルケアやネイルアートのサービスを提供しているエステサロンもあります。
そのためエステサロンでネイリストの求人募集をかけているケースもあるのです。

顧客の要求が多様化しているため「エステティシャンは美顔やマッサージ、アロマトリートメントだけしていればいい」という認識では時代遅れになってきています。
ネイリストになるための勉強をして兼業している方もいますし、ネイリストとしての才能を認められ人気ネイリストになれば収入アップのチャンス!

複数の仕事を持つ事で活躍できるチャンスが広がりますし、ネイリストの技術があれば職場内での昇給や昇進、さらに転職にも有利。
そのためネイリストの勉強をしているエステティシャンの方も増えてきているのです。

化粧品販売員がネイリストに転職、兼業するケース

化粧品販売員の仕事先はデパートや化粧品販売店、ドラッグストアがメイン。
主な仕事内容は化粧品の販売促進です。
化粧品販売のために実際に顧客に化粧を施したり、商品のメリットを分かりやすく説明したり、肌トラブルへの対処法などをアドバイスします。

一見ネイリストとは関係なさそうな化粧品販売員ですが、美容部員の中には綺麗なネイルで対応してくれる方もいてそれも大きな魅力となっています。
美容部員は美しさに敏感な顧客と常日頃から接しているため、指先のケアまでしっかり気を配っています。

ネイルケアやネイルアート施術のためにネイルサロンに通ううちに「ネイリストになりたい」とネイリストへの転職を決意する化粧品販売員もいますし、美容部員とネイリストを兼業する方もいます。
お化粧にしてもネイルにしても、興味のある美容分野である事に変わりありません。
ネイリストは美容部員のとって成功しやすいジャンルと言えそうです。

画像出典元:http://www.we-la.com/special/oshigoto/2015_08/