・安定して働くならネイリスト転職

手に職をつけ、一つの業界で長く働きたい!そう願う女性が続出する中、アパレル業界からネイリストへ転身するケースが増えてきました。
アパレル業界は無資格の場合がほとんどなため、結婚や出産、病気などで一度現場を離れてしまうと、再び希望の店舗で就職することが難しくなります。

その点、ネイリストの場合は、ネイリスト資格を所持していれば、@nailsといったネイリスト専門求人サイトから仕事を見つけることができます。
休職期間があったとしても、有利に再就職を見つけることができるため、働きながら資格取得を目指す女性が多いのです。

また、華やかなファッション業界と、ネイルの世界には近いものがあります。
ネイルサロンなら、これまで培ってきた色彩センスや流行を先取った知識などを、大いに役立てることができますよ。

・アパレル経験を生かし特別なネイリストに

アパレル業界の女性がネイリストへ転職した場合、顧客への提案力が、現場で大きな力となります。
ネイルサロンへやってくる女性の多くは、どんなネイルにしようか迷っていることがほとんどですが、そんな時、これまで服をオススメしていたように、ファッションや雰囲気をみながらネイルを提案することで、顧客との信頼が厚くなっていくでしょう。

また、ネイルは既製品の服と違い、一から自分で作り出すことができます。
季節に合わせたカラーやアートなど、オリジナリティあふれるデザインを施すことで、唯一無二のネイリストになれますね。
制服のないネイルサロンなら、仕事中の服装からセンスの良さをアピールすることもできますよ。