ネイリストは異業種からの転職がとても多い業種として知られています。
つまり、現在活躍しているネイリストの多くが、高校や大学を卒業してすぐにネイル業界で仕事をしているわけではない、という事です。
新卒でネイリストになる人が少なく、異業種からの転身が多いのはなぜなのでしょうか?

OLのカナコ

あー!!なんか仕事がパッとしない!!
誰がやっても同じ仕事だから、最近やり甲斐を感じない!!

ネイリストのヒカル

だったら思い切って転職しちゃうっていうのは、どう??

OLのカナコ

転職?!
そりゃ出来るもんなら転職したいけどさ、資格も何にもないしさ。
ずっとOLで生きてきた私が、今更転職なんて出来るもんかな。
ヒカルみたいに好きな事を仕事に出来てるなんて、本当羨ましいよ。

ネイリストのヒカル

カナコ知ってる?
私も前は全く違う仕事してて、転職してネイリストになったんだよ!!

OLのカナコ

え?!?そうなの?
最初からネイリストだと思ってた!
私も今から転職して、ネイリストになれたりするかな?
やっぱり今からじゃ遅いよね?
私も実は、昔からネイルに興味あるんだけどさ…。

ネイリストのヒカル

遅くないよ!
実はネイリストって異業種から転職してくる人が、すっごい多いんだ!
私もお客さんとして、ネイルサロンに通ってるうちに、だんだんネイルの世界に魅了されて、ネイリストなりたい!って思って。
思い切って転職したってわけ!

OLのカナコ

初めて聞いたわ!そうだったんだね。

ネイリストのヒカル

そうそう!
美容業界とは無縁だった専業主婦から、ネイリストを目指すって人もいるくらいだし。
だから、やる気があれば前職なんて関係ないよ!

OLのカナコ

いろんな人がいるんだね。
ネイリストの場合、学校とか卒業してすぐにネイリストを目指す人ばっかりだと思ってたから、イメージが変わったよ!
私も本格的に考えてみようかな。
もし本気でネイリストを目指すなら、学校とか通うべき??

ネイリストのヒカル

そうだね!
プロのネイリストを目指すなら資格は絶対に必要だから、私は専門学校に通う事を勧めるね!!

OLのカナコ

学校はどこにあるの?

ネイリストのヒカル

みんな知らない人多いけど、ネイルの学校て全国各地に沢山あるよ!
だから自分にあった学校を探す事から始めると良いと思うよ!
資料とかも取り寄せたり、ネットで調べても沢山でてくるよ?!

OLのカナコ

意外と沢山あるんだね!

ネイリストのヒカル

そうそう♪
カナコは器用だし、やる気さえあれば、絶対ネイリスト向いてると思うな!

OLのカナコ

〝今更転職なんて無謀だー!〟て思ってたけど、ヒカルの話聞いて考え変わったよ!
今までの経験も何かしら活かせるように頑張ってみるよ!!
ヒカルありがとう!!

ネイリストのヒカル

どういたしまして♪
困ったらいつでも相談してね!

ネイリストは参入障壁が低い仕事

一般企業でOLとして仕事をしている方が、女子力アップと癒しのためにお気に入りのネイルサロンを見つけ通うのは良くある事。

ただ、中にはお客として通っていたOLがネイルの世界に魅了され、それまでの仕事を捨ててネイリストに転身する例もあります。

変わったところでは、警備会社に勤務していた女性がネイリストに転職した例もありますし、アパレル店員やエステティシャンがネイリストの仕事を掛け持ちするのも珍しい事例ではありません。
美容業界とはほとんど縁のなかった主婦が、奮起してネイリストとして活躍できるのもこの業界の面白さです。

ネイリストは参入障壁の低い業種ですので、やる気と情熱、多少の手先の器用さがあれば誰でも技術と知識を学び仕事をする事ができます。
もちろんプロのネイリストを目指すためには、きちんとスクールで学び資格取得を考えるのが一番。

誰でもできる仕事ですが爪や手の皮膚に触れ、爪に化学物質を塗ってケアする業務ですので、皮膚や爪の構造、爪の病気、その対策、ネイルケアの歴史などしっかりとした知識を頭に入れて仕事をする必要がありますね。
もしトラブルに発展した時「何も知りませんでした。だから責任はありません」では済まないのです。

ネイリストの求人、年齢不問が多い理由とは?

実際に求人情報をチェックすると、いくつか特徴があります。
まず年齢が不問になっていることが多い、という事。

一般的にネイリストは若いキャピキャピとした女性がする仕事というイメージがあります。
もちろん若い女性も多いのですが、すべてのネイリストが10代後半から20代前半の若い世代ではありません。

ネイルサロンや美容室、エステサロンなどでさまざまな経験を積んだ30代、40代のネイリストを求める職場も多数あります。
その理由は人生経験を積んだネイリストを求めているから。

ネイルケアやジェルネイルを施術している間、ネイリストはずっと同じ顧客と向き合う事になります。
その間、口を開けば他の顧客の悪口を言ったり、爪の荒れた顧客へ「どれだけ乱れた生活をしているの?」と上から目線で嫌味を言うようでは、施術レベルが高くても人気は出ません。

さまざまな人生経験を積み、酸いも甘いもかみ分けた大人のネイリストが求められているのです。
ネイリストの究極の使命は、ネイルケアを通して顧客の心を癒す事なのです。